NEWS

富田林市へエアバスターを導入しました


富田林市様は、安全・安心な市民の暮らしを第一に、感染症対策を最大の課題として取り組んでおられます。
このたび、弊社商品の導入にご賛同頂き、市内の市立幼稚園と小・中学校、計34校すべてに「オゾン発生器」を導入し、今夏までに全教室に設置します。 ※別紙参照
自治体が、管轄の全公立学校にオゾン発生器を配備するのは全国で初めてです。
機器は、国内で唯一の「医療機器」に認証されたオゾン発生器も製造しているタムラテコ社製で、各大学、研究機関と連携し、菌やウイルスの除菌試験を行い、エビデンス(実験環境下において)も多く取得しております。
もちろん、オゾン発生器があるからといって、完全に感染症を防ぐことは不可能な為、引き続き、換気・マスク着用・手洗い・消毒・ソーシャルディスタンス、三密を防ぐなどの対策を徹底的に続けて頂きます。
しかし、上記対策の一助として機器導入をして頂く事により、ワクチン接種の対象とならない低年齢層も含めた幼児や児童、生徒・教職員の感染リスク軽減策の強化につながります。さらに、公立学校は災害時、各地域の「指定避難場所」でもあり、非常時には住民が密集する状況が想定されます。設置させて頂いたオゾン発生器を使用する事で防災用品としても市民の皆様の安心につながることを期待しております。

関連記事一覧

検索

最新記事